速攻借入術の知識記事一覧

カードローンを組んでお金を借りるには、銀行なり、消費者金融なりが求める書類を用意しなければなりません。●必要書類の使い道基本的には申込時には必要なく、いわゆる仮審査をクリアした後に提出を求められる形となります。本来は仮審査の時点であった方がいいのですが、なかなか申込時に書類を用意することが難しいのでこういった形をとっています。審査には仮審査というものと本審査というものがあるのですが、本来の審査とし...

専業主婦は事実上、全く収入がないことになりますが、それがカードローンを申し込むときに弊害となるわけですが、最近はそれほど悩むようなことはなくなったようです。●カードローンの選びかた主婦は外で働くことよりも家を守るのが本来の役目、いわゆる専業主婦という形が本当の主婦の形であることは日本の文化からして当然のことであります。しかし、最近は家事をやりたくない、結構前と同じ生活をしたい、財布を別にしたい、無...

収入としてごく一般的なものとして見られるのが、どこかの会社に入社して正社員として働き、毎月ある程度決まったお給料入ってくるということを想定しています。正社員であれば、労働基準法などの法律によって、いきなりお給料を半減させるとか、働きが悪いからといってお給料なしということにはなりませんで、それなりの金額を安定した形で得ることができます。消費者金融業などの貸金業者はその収入から返済をしてもらうことを想...

明日、光熱費の引き落としがあるのを忘れていたといったついうっかりや急に出かけなければならなくなったなどといった予想外の出費に見舞われることもよくあります。銀行の預金などの余裕があれば、それで何とかということもできますが、そうでない場合はどうすることもできません。そんなときに便利なのがカードローンといういつでも気軽に借りることができるものですが、残念なことに今まで一度も使ったことがなく、ATMにいっ...

消費者金融と呼ばれるところは、基本的に年中無休で営業していることが多いので、業務の取り扱いも年中無休で行っています。もちろんその中にも新規借り入れというものも含まれているのですが、場合によっては土曜日、日曜日に申し込んでも週明けの対応となることがあります。土日ではできないこと店舗としては土曜日曜でも営業していますが、申し込みから融資に至るまでの途中段階で土曜日曜では対応できないものが含まれている場...

一か所では済まず、複数の消費者金融でお金を借りている、あるいはこれからまた別の消費者金融でお金を借りようとしている方もいるかと思います。そういった時にも審査をクリアできるかどうか、心配になるわけですが、一番の懸念となるのが現在までに借り入れがあるから審査をクリアできないのではないかということです。確かに既に借入を行っている方より、全く借入を行っていない方のほうが、審査としてはいい条件となるわけです...

どうしても今日中に、遅くても夕方までにお金を工面しなければならないといった時もカードローンはとても便利なものだと思います。仮に借金するのが嫌だとか消費者金融系のカードローンはちょっとという方でも、今日借りて、明日、あさって中に一括返済してしまえば、それでおしまいですのでそれほど気にする必要もなく、友人にちょっと借りた程度で、お礼としてご飯をおごってあげたぐらいに思えばいいと思います。しかし、ここで...

カードローンでお金を借りるための最大の難点が審査というものです。一般的に銀行系より消費者金融系、多額借り入れより少額借入の方が審査をクリアしやすいなどといわれていますが、これに間違いはありません。●審査の目的消費者金融での審査の目的は、その人がちゃんとお金を返してくれるかどうかを判断するために行います。その中には人間的にお金を返してくれる人間なのかということと現実的にお金を返すことができる環境にあ...

審査で落とされる理由にはいろいろなものがありますが、よくあるパターンを上げてみましょう。原因@年収が低いこれは申込書、あるいは収入証明書類から明らかになります。年収が低いとどうしても審査が通りにくくなります。年収は、返済が滞る確率と反比例するもので、年収が低ければ低いほど返済の滞納や大幅な延滞を起こす確率が高くなることが分かっています。確かにお金に余裕があるのであれば、返済しなければならないお金を...

お金を借りたら、利子を付けて必ず返済をしなければなりません。お金を借りる時は必要に駆られているわけですので、例えちょっとばかり困難があっても面倒くさくても誰もが借りに行きますが、返済となると同じ距離を移動するにしてもかなり面倒なことのように思えてくるのが人の常です。人間って結構勝手なものです。ですので、返済方法はできるだけ手間をかけないで行いたいもので、それによっても消費者金融選びをする必要がある...

カードローンにおいて借りることができる金額は、その業者によって、あるいはローン商品によって決められている最大借入限度額によるところとなります。だいたいのところが300万円から800万円といったところですが、申し込もうとしているカードローンに「○○円まで融資可能」と書かれているからといって必ずしもその金額を借りられるというものではありません。最大借入金額とは、このローン商品で借りることができる金額で...

お金を借りるということはそれがどんな理由であっても恥ずかしいことです。借金をするということは経済観念がないとか、無駄遣いが多いとか、家族がいるのであれば甲斐性なしなどといわれてしまいますのでそういったことはできれば自分の胸の内に秘めておきたいものです。しかし、現実ではそう簡単にそうはさせてくれません。カードローンを申し込むと在籍確認と住所確認が行われるからです。基本的には銀行系でも消費者金融系でも...

学生は大学や専門学校などに行って勉強するのが本分、そういった学生が借金してまで何を買うのか、何をするのかということ時点で不思議に感じるわけですが、世の中には消費者金融でお金を借りないとやっていけない学生がごまんといるわけです。例えば、自分でアルバイトをしてお金を稼いでそのお金で学費を払って大学や専門学校に通うというのであれば、時にはお金も足りなくなるでしょう。しかし、学費はすべて親持ち、賃貸マンシ...

どうしてもまとまった金額のお金をすぐに用意しなければならないといったこともよくあります。その時に銀行のキャッシュカードを持ってコンビニエンスストアのATMに駆け込む方はこの情報は必要ありません。急にお金が必要になり、それを自分でどうすることもできない場合は、結局のところどこかでお金を借りなければなりません。かといって、近所に借りに行くのもあとあとどんなうわさが広がるかわかりませんし、親や親せきに泣...

銀行でも町の貸金業者でも昔からお金を借りる時には必ず連帯保証人というものが必要でした。連帯保証人は、お金を借りた人間が返済をすることができなくなった場合にその人に代わって返済する義務を負う人のことで、今でも銀行などで多額のローンを組む時などには必要とされている、いわゆるお金を貸した側からすれば、安全策ということになります。むかし親に「絶対に連帯保証人だけにはなるな」といわれたものですが、確かに連帯...