新生銀行カードローンレイクの詳細

●新生銀行カードローンレイクの概要と特徴

 

レイクといえば「ほのぼのローン、ほのぼのレイク」といったCMで有名な消費者金融ですが、それはもう過去の話で、現在は消費者金融ではなく、銀行系のカードローンになっています。

 

これは消費者金融業界全体に大きな影響を及ぼした貸金業法の改正によって消費者金融であったレイクが大打撃を受けてしまい、他の消費者金融のように金融グループのバックアップだけでは経営を立て直すことができなくなっていました。

 

そこで新生銀行がレイクを吸収し、新生銀行の一部として扱うようになり、今まで消費者金融系のカードローンとしていたものを新生銀行の個人向けカードローン商品として取り扱うようになったのです。
ですので、レイクのカードローンといっても消費者金融系のカードローンではなく、れっきとした銀行系のカードローンということになるのです。
それによって、保証会社がつくことになり審査も少し厳しくなっています。

 

●新生銀行カードローンレイクの申込条件

 

このカードローンは銀行系のカードローンですので、条件も銀行系特有のものとなります。

 

・用途:事業性資金をのぞいて自由
・年齢:20歳以上70歳以下
・収入:安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方)
・保証:新生フィナンシャル株式会社の保証を受けることができる方
・新生銀行の他のカードローンを利用していない方

 

銀行系のカードローンの特徴ともいえる保証会社が付きますので、審査基準はすべて保証会社の「ものさし」となります。

 

それと新生銀行ではこのレイク以外にもフリーローンなどのカードローン商品があります。
そのカードローン商品で借り入れをしている場合は新たにレイクのカードローンの申し込みができません。

 

●新生銀行カードローンレイクの借入利率

 

新生銀行カードローンレイクは一応、銀行系のカードローンとして扱われるものですので金利も銀行系ならでは低い水準となっていると思われがちですが、消費者金融だったころの影響からか、現在も金利だけを見ればとても銀行系のカードローンとは思えないような高い借入利率となっていることがわかります。

・4.5%から18.0%

 

どうやらこのカードローンを使うメリットは利率ではなく、「総量規制外」であるということだけらしいです。

 

●新生銀行カードローンレイクの借入限度額と借入期間

 

・借入限度額:500万円
・借入期間:5年か60回払い

 

限度額を見ても消費者金融のカードローンでしかないようです。

 

銀行系のカードローンであれば800万円ぐらいまで借入限度額があってもいいようなものですが、ここにも消費者金融時代の名残があるようです。
借入期間は借りては返すといったカードローンならではの使い方をするため、最終借入からの計算となります。

 

●新生銀行カードローンレイクの必要書類

 

・本人確認書類:運転免許証やパスポート、健康保険証など
・収入証明書類:源泉徴収票、確定申告書、給料明細書、納税証明書など

 

本人確認書類は必須で、収入証明書類は借入金額や審査状況によって必要となるという点は他の消費者金融のカードローンと違いはありませんが、やはり銀行系のカードローンだからでしょうか、収入証明書類を必要とする場合が多いような気がします。
このカードローンを申し込む場合はあらかじめ収入証明書類も用意しておいた方がいいかもしれません。

 

●新生銀行カードローンレイクの申込方法

 

・インターネットでの申し込み
・電話での申し込み
・店舗での申し込み
・自動契約機での申し込み

 

申し込み方法は銀行系の設備と消費者金融時代の名残からかいろいろな方法を設けています。
中でも特筆できるのはインターネットでの申し込みです。

 

インテ―ネットから申し込めば、申し込みからカードの受け取りまで家にいながら史にてできるのが普通ですが、このカードローンではカードが郵送されてくるのを待ったり、わざわざ店舗まで取りに行くこともしなくても、すぐに銀行振込による借り入れができるようになっています。
もちろんゆくゆくはカードが郵送されてくることになるのですが、それを待たずしてすぐに借り入れができるのは急いでいる方にとっては大きなメリットとなることでしょう。

 

●新生銀行カードローンレイクの借入方法

 

借入は

・銀行振込
・ATM

 

で行うことができます。

 

銀行振込は、新生銀行以外の口座で受け付けてくれ、インターネットからまたは電話で借り入れの申し込みをすることができ、最短で当日、遅くても翌営業日には振り込まれる形になります。
指定口座が新生銀行のものであれば、営業時間外でも振り込みが可能になることもあるようです。

 

ATMはレイクの店舗や新生銀行にあるATM、セブン銀行、イオン銀行のATM、ローソンATMやイーネットなどのコンビニ系ATMで行うことができます

 

●新生銀行カードローンレイクの返済方法

 

このカードローンでは返済方法を選ぶことができます。

 

・残高スライドリボルビング方式
・元利定額リボルビング方式

 

基本は残高スライドリボルビング方式となりますが、郵送契約を行った場合だけ元利定額リボルビング方式を利用することができます。

 

返済は

 

・指定口座からの自動引き落とし
・振込返済
・新生銀行・レイクATMからの返済
・提携ATMからの返済

が使えます。

 

いちばん便利なのは銀行口座からの自動引き落としですが、これを利用できるのは、レイクが指定した銀行に口座がある方だけとなります。

関連ページ

プロミスの詳細
プロミスのキャッシングの詳細のページです。
モビットの詳細
モビットの詳細をお伝えするページです。
アイフルの詳細
アイフルの詳細ページです。
オリックス銀行カードローンの詳細
オリックス銀行カードローンの詳細ページです。