モビットの詳細

●モビットの概要と特徴

 

モビットは当初から銀行系の消費者金融として作られていたという企業です。

 

最初は現在の三菱東京UFJ銀行とつながりのあったプロミスとアプラスという2つの消費者金融が合併した形で作られ、運営されていたのですが、ある時アプラスが資本提携をやめたためにプロミスだけでの経営となってしまいました。
当然ですが経営がうまくいくわけもありません。

 

そういったスキに入ってきたのが三井住友フィナンシャルグループでした。

 

当時プロミスは三菱UFJフィナンシャルグループに入っていたため、このモビットはライバル同士である2つの金融グループの合弁企業となったのでした。
しかし、やはりこういった状態は長続きせず、三菱UFJフィナンシャルグループ側が撤退、最終的に三井住友フィナンシャルグループ傘下の要するに三井住友銀行系の消費者金融となったわけです。

 

三菱UFJフィナンシャルグループから三井住友フィナンシャルグループへ移行したというのも面白いものです。

 

ですので、過去と現在では資本形態違いますので、同じモビットでも全く違う消費者金融と見ていいでしょう

 

特徴としてはサービス面は三井住友銀行のサービスの一環としていますので、三井住友銀行でもいろいろな手続きができるようになっています。
三井住友銀行が用意するローンよりはやはり審査は若干甘いようで、比較的お金を借りやすいものとなっているようです。

 

●モビットの申込条件

 

・用途:自由
・年齢:20歳以上69歳まで
・収入:安定した収入がある方

 

モビットでは安定した収入、継続的な収入があれば給与所得者でなくても個人事業主やアルバイト、パートタイマーでも申し込みをすることができます。

 

●モビットの借入利率

 

モビットの借入利率は下限と上限大きな開きがあるのが特徴です。
単一金利で・・・、

 

・3%から18.0%

 

ということになっていますが、下限金利はどこよりも低く、上限金利は法律で定められている最大の金利となります。
少額を借り入れる場合や条件があまり良くない場合は基本的に18.0%になるようで、3%というかなり低い金利になるのは信用性が高く、多額の借入をする時だけに適用される傾向がありますので、低い金利のメリットを感じることができるのはごく限られた人だけとなりそうです。

 

●モビットの借入限度額と借入期間

 

・借入限度額:800万円まで
・借入期間:8年10か月か106回払いまで

 

借入限度額はやはり銀行系消費者金融らしく高い金額になります。
これならある意味ではおまとめローンとして使うことができるかもしれません。
それから借入期間ですが、これは更新後の期間であって、この期間中に一度でも追加借り入れを行えば、そこからまたこの期間ということになります。

 

●モビットの必要書類

 

銀行系消費者金融でも必要となる書類は似たようなものです。

 

・本人確認書類:免許証やパスポート、健康保険証、マイナンバーカードなどいずれも有効なもの
・収入証明書類:源泉徴収票や確定申告書、直近2カ月分の給与明細、所得証明書など

 

本人確認書類は必須となりますが、収入証明書類は借入金額と審査によって必要になることがあります。

 

●モビットの申込方法

 

モビットでは複数の申し込み方法を用意しています。

 

・Web申し込み
・郵送申し込み
・電話申し込み
・ローン申込機での申し込み

 

いちばん便利なのがWeb申し込み、家にいる状態ですべての手続きや連絡ができるようになっています。

 

ただし、すべてインターネットで済ますにはパソコンかタブレット、スマートフォンからのアクセスが必要で、携帯電話、いわゆるフューチャーフォンでは途中から電話や郵送などを使わなければなりませんので、Web完結といった形にはできません。
それともう1つ、Web完結で借入を行いたい方は、現状で三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通王座を持っていなければなりません。

 

普通口座を作るだけであれば1日で出来ますが、その後お金をおろすことを考えたらやはりキャッシュカードが必要となりますので、事実上現在その銀行に口座を持っている人だけが使えるといったことになるでしょう。
それから基本的に店舗での申し込みというものはありませんが、三井住友銀行などにあるローン申込機で申し込みができるようになっています。

 

●モビットの借入方法

 

借入方法は以下の2つのとなります。

 

・振込キャッシング
・ATM

振込は、パソコンなどでインターネット申し込みを行った場合だけカードがない状態でもすぐに借り入れ申し込みをすることができ、指定口座へ借入額を振り込んでもらいます。
ATMによる借り入れは、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、コンビニ系ATMなどで借り入れをすることができます。

 

●モビットの返済方法

 

返済方法は残高スライド元利定額返済方式で決められた金額を毎月、5日、15日、25日、月末のいずれかの中からから当初決めた日付までに行います。
返済は、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、コンビニATMなどで入金するか、三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座がある場合は、そこからの自動引き落としによる返済もすることができます。

関連ページ

プロミスの詳細
プロミスのキャッシングの詳細のページです。
アイフルの詳細
アイフルの詳細ページです。
新生銀行カードローンレイクの詳細
新生銀行カードローンレイクの詳細ページです。
オリックス銀行カードローンの詳細
オリックス銀行カードローンの詳細ページです。