プロミスの詳細

●プロミスの概要と特徴

 

消費者金融で一番有名といってもいいぐらいメジャーなプロミス、しかし現在はプロミスではなくSMBCコンシューマーファイナンスという会社名となってしまい、社名としてのプロミスというのはなくなってしまいました。

 

ただ、SMBCコンシューマーファイナンスが持つローン商品のブランド名としてプロミスという言葉は残されており、店舗などの看板を見ても大きく「プロミス」と書かれている横に小さく「SMBCコンシューマーファイナンス」と書かれているといった状態になっています。
こうなった理由はプロミス時代の業績の悪化です。

 

それまでは、金利もいわゆるグレーゾーン金利というものを使っており、かなりの利益を上げることができていたのですが、貸金業法の改正によってそれを使うことができない、そして借入限度額をおのずときめられてしまったことになる総量規制が始まったことによって、思ったような利益を上げることができなくなったわけです。
それによって利益が激減してしまい、最終的に三井住友フィナンシャルグループに吸収され、子会社となり経営の立て直しを図ったということになります。
消費者金融でありながら、大手都市銀行がバックについているといった、ここ最近多くなってきたスタイルを持つのがプロミスです

 

●プロミスの申込条件

プロミスのカードローンの申し込みには以下のような条件が必要です

 

・用途:個人の方は生活費として、個人事業主の方は生活費および事業費として
・年齢:20歳以上69歳以下の方
・収入:安定した収入がある方

 

プロミスでは、私的資金としてでなく、事業性資金としても借入を行うことができます。
これは銀行系のカードローンには、ほとんど見受けれらないものであって、個人事業主としては心強いでしょう。
職業的にはとりあえず毎月定期収入がそれなりの額あればいいので、アルバイトやパートタイマーでも借入申込をすることができます。
ただやはり個人事業主やアルバイト、パートタイマーでは審査に少々時間がかかるようです。

 

●プロミスの借入利率

 

プロミスのカードローンは固定金利・単一金利を採用しています。
ですので、最初から最後まで金利は一定で途中で追加借り入れを行ったとしてもその金利は変わらないようになっています。
ということは最初に設定された金利が高ければそれが完済まで続くということです。

 

借入利率
・4.8%から17.8%

 

●プロミスの借入限度額と借入期間

 

・借入限度額:500万円まで
・借入期間:最終借入から6年9カ月、または80回払いまで

 

借入限度額は最大で500万円までと消費者金融系のカードローンとしては平均的なものです。
だからといって必ずしも500万円まで借りられるということではなく、その辺は年収や信用性などから審査によって限度額が設定されます。
借入期間に関しては、カードローンという性格上、最初の借入からいつまでということではなく、最後に借り入れを行った時から計算するようになっています。

 

●プロミスの必要書類

 

必要書類は消費者金融系のカードローンをしてはごく一般的なものが必要となります。

 

・本人確認書類:免許証やパスポート、健康保険証、マイナンバーカードなど
・収入証明書類:源泉徴収票や確定申告書、直近2カ月分の給与明細など

 

収入証明は基本的に必要はありませんが、借入額や年収、職業、信用性などによって提出を求められることもありますので、一応用意しておいた方がいいかもしれません。

 

●プロミスの申込方法

 

・店頭申し込み
・インターネット申し込み

 

申し込み方法は主に店舗での申し込みとインターネット上のウェブサイトからのインターネット申し込みを使います。
店頭申し込みは足を運ばなければならないのが面倒ですが、書類さえきちんと持っていけば、それ一回で申し込みから借入まで行うことができますので、1回ですべてを済まそうとか、すぐに借入を行いたちという場合はこちらの方がいいでしょう。
店舗に行くのはちょっと・・・、とか行く時間がないという方はインターネット申し込みが便利でしょう。
申し込み、審査結果の報告、書類提出、借入までをすべて家に居ながらにして行うことができます。

 

●プロミスの借入方法

 

借入OKとなった後の借入は以下の方法が使えます。

 

・店頭窓口
・銀行振込
・ATM

 

店頭では書類を記入しカウンターに提出して待つだけでお金を手にすることができますが、店舗によっては店舗内に設置してあるATMを使うように言われることもあります。
そのATMはプロミスの店舗内にあるものだけでなく三井信託銀行やゆうちょ銀行、セブン銀行などの銀行系ATMの他にもイーネットなどのいわゆるコンビニ系ATMでも行うことができます。

 

●プロミスの返済方法

 

返済方法は残高スライド元利定額返済方によって計算された返済額を下記のいずれかの方法でおこないます。

 

1 店頭カウンター
2 ATM
・三井信託銀行
・ゆうちょ銀行
・セブン銀行
・コンビニ系ATM(イーネット、ローソンATM)
3 銀行自動引き落とし

 

返済日は契約の時に取り決めた約定日、毎月5日・15日・25日・月末のいずれかとなります。

 

関連ページ

モビットの詳細
モビットの詳細をお伝えするページです。
アイフルの詳細
アイフルの詳細ページです。
新生銀行カードローンレイクの詳細
新生銀行カードローンレイクの詳細ページです。
オリックス銀行カードローンの詳細
オリックス銀行カードローンの詳細ページです。